akaiの雑文や日記。モバイル機器やPDAの話題が多いかも知れません。

<< Advanced/W-ZERO3[es]にインストールしたアプリ | main | Advanced/W-ZERO3[es]のキーカスタマイズ2 >>

Advanced/W-ZERO3[es]のキーカスタマイズ

W-ZERO3[es]にあった左右ソフトキーのハードキー(ややこしいな(^_^;)はAdvanced/W-ZERO3[es]では廃止されてます。
代わりにスタートメニューの「設定」→「ボタン」→「ソフトキー」タブから「ソフトキー動作を使用する」をチェックすることで、Xcrawlの上部左右に付いているWinボタンとOKボタンを左右ソフトキーとして使えるようになってます。
その際は本来の機能であるスタートメニューとOKは長押しでの対応となります。
・・・この仕様ですが、せめて長押しには任意のアプリを割り当てることができるようにして欲しかったですね。

私はこれらのボタンを左右ソフトキーとして使用し、長押しのときは任意のアプリとしてそれぞれProgramMenuとAppCloseを割り当てたかったのです。
ならばキーカスタマイズアプリでやってしまおうとw


まずは念のためPQz_CHECK (Keycode Checker)でキーコードをチェック。

左ソフトキー
0x70

右ソフトキー
0x71

Winキー(スタートメニュー)
0x5B

[OK]キー
0x5C|0x75


どうやらこれらはW-ZERO3[es]と同じようです。
(ついでに調べてみるとクリアキーが0x08となっており、これはスライドキーボードの[BS]と同じですね。。。下手に割り当てできないな)

今回はSortInchKey ver.0.3.0を使用して割り当てます。

私は次のようにSortInchKey.datに記述しました。

// Winボタンの短押しに左ソフトキーを、長押しにProgramMenuを割り当て
0x5B, Both, Default, 0x70, "\Program Files\Tillanosoft\pmenu.exe"
// OKボタンの短押しに右ソフトキーを、長押しにAppCloseを割り当て
0x5C|0x75, Both, Default, 0x71, "\Program Files\AppClose\AppClose.exe"
(この設定ではスタートメニューの「設定」→「ボタン」→「ソフトキー」タブから「ソフトキー動作を使用しない」にチェックを入れてないと正常に動作しません

あとはSortInchKey.iniで長押しまでの判定時間を自分好みに変更。デフォルトは
holdDuration=500
となってますが、少し短めが好みなので300ミリ秒に変更しました。

これで液晶下のWinボタンとOKボタンは、短押しで左右ソフトキー長押しで好みのアプリとなりました〜。


(割り当てたアプリのurl)
ProgramMenu/ProgramMenuPlus
AppClose
PDA | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

昨日:昨日
今日:今日