akaiの雑文や日記。モバイル機器やPDAの話題が多いかも知れません。

<< うが | main | 松平健が >>

ご無沙汰してます

もうすぐ長期研修のため、準備やら予習やらに追われて更新が滞りまくってました。
そんな状態でもこの辺境ブログを覗きにきてくださる方々がたくさんいらっしゃるようで、全く有り難いことです。感謝感謝〜

さて最近の私のモバイル状況はチト変化してまして、アドエスでのテキストファイルの扱いに困っていたところにふと思い立ってリナザウを触ってみたらこれがまた驚くくらい自分がやりたかったことが出来るので、再びリナザウも持ち歩いております。
SL-C1000にスペシャルカーネルを入れて2GB以上のSDが読み込めるドライバを入れて運用中。

スペシャルカーネル
SD driver

それにしてもさすがLinuxといいますか、テキストファイルの扱いは本当に快適ですね。
CUIにしてもVimをはじめEmacsも使い放題で、SLシリーズが発売から時間が経っていることもあってGUIでもGrepツールからテキストエディタ、テキストビューワまで様々な便利ツールが揃ってます。

GUIGrep
こちらで公開されているGUIGrep、FreeNoteQt共に私にとってのキラーアプリ。この二つのアプリがなかったらリナザウに戻らなかったかもしれないくらい素晴らしいアプリです。FreeNoteQtは特に画像サイズを決めなくても「どこまでも書ける」手書きメモアプリです。GUIGrepに至っては操作感、速度、使い勝手すべてが素晴らしいです。GUIでgrepできて最高

メモアプリのEBtもいつのまにか軽量版というか高速版のEBt liteが発表されてました。

メモに関してもテキストファイルでデータが保存されてる限り、自分の好きなアプリを使っても検索に困らないのはいいですね〜。grepが必要なときはGUIGrepを使ってメモを保存してるディレクトリをgrepしてやればあっという間に検索してくれます。

最近始めたのが、自分の行動を細切れに記録する日記ならぬ「時記」とでもいいますか、自分専用の業務日誌というか反省日誌を付けてます。一日単位ではなく行動が一区切りついたときに付けるので「時記」って感じになるんですね。
この時記っていうのは別に私のオリジナルではなく、確か遠い記憶によればHP-200LXで似たようなことをしてらっしゃった方がいたような・・・。「私は200LXをこう使ってます」みたいな文章を書籍で読んだような記憶があって、真似してみてるんですね。

ただ、時系列で並んでる方が後々読みやすいので時記にはEBtは使ってません。
使ってるツールはTTextReaderです。

TTextReader

このツールは階層テキストが扱えます。WMのTOMBOに似てますがWZエディタの階層テキスト形式にした単一ファイルの閲覧ができます。裏技としてHTMLのタグの一部が使えるため文章の装飾も少しだけ可能というスグレモノ。もちろんその名の通り、あくまでReaderであって編集機能はありません。
しかし、連携するテキストエディタを指定できるので編集は指定したエディタを呼び出して行うことになります。私が使ってるのは定番中の定番、ZEditorです(私の使い方だと搭載された機能の1/10も使ってなさそうですけど(^_^;)。
TTextReaderとの連携に限らず、短文から長文までこのエディタを愛用してます。
長文を書く時は外付けのキーボード使いますけどねw

といったわけで、リナザウとアドエスの両刀遣いになってます。
おのずと役割分担は決まってくるようで、予定表やテキスト関係や画像データの閲覧は全てリナザウで、アドレス(連絡先)管理とネット全般・アラームなどはアドエスを使ってます。
予定表をリナザウで運用してるのは理由があって、電話しながら予定確認することが増えたからという単純な理由だったりします。
荷物こそちょっと増えますが、やはり二台体制ってのは楽だなぁ・・・
ただ、リナザウにテキストファイルの作業を任せてるのでアドエスはもうちょっとスリムに運用してもいいかなと思ってます。
PDA | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

昨日:昨日
今日:今日