next prev / index / search items / top
2004.05.01

misc


なんだか麻薬打ったやつが羽田空港に乗り込んで車乗り廻したしていたらしいが、その3台目の車、GPSの履歴をみて何時何処にいたとかきちんと公表していた。車のGPSってそんな機能がついているのか?うっかり下取りに出したりできんのう。

books


長尾藤三「おじさん自転車革命」、221冊目。善良な市民とは「自分はすべてのひとと同じであると感じ、そのことに喜びをみいだしている人々のこと」。あと、不機嫌大国ニッポン。
うう、私ももうおじさんなのね、とか思ったが、80歳でMTBレースにでているおじいさんとかでてきて、まだまだ修行が足りないかんじ。
バスタード23、かれかの18、デーモン聖典3、花ゆめ、Bicycle Club、番外。
2004.05.02

misc


毎日新聞のサイトが MSNになって駄目駄目になったとかいう話は良く (?) 聞くが、思うにCSSってのは傲慢なシステムだよな。自分が造ったように読ませたい?一見まともな意見のようだが、読みたいほうが好きなように読むってのがあるべき姿ではないのか?
と、ずっと思っているので CSSとか勉強する気はなかったりー。私の使うHTMLのバージョンも上らなかったりー。基本的にHTMLってのは、wwwにおけるテキストファイル、だと思っているし。


LCDナツメ球とでもいうべきものを買った。ナツメ球ってのは蛍光灯についている一番小さい電球だ。普通100V5Wぐらいで40円と。LEDナツメ球は高輝度LEDが使ってある。100V0.5W、400円だ。消費電力は1/10、値段は10倍と。
0.5Wというと8h/1dayで40円/年の電気代だそうな。つうことは1年で元がとれるな。LEDが本体400円+電気代40円、ナツメ球が本体40円+電気代400円と。いや、そんなこと考えたのではなくおもしろそうだから買っただけなんですけどね。
つけてみたがそんなに明るくはない。つうかきっぱり暗い。目が慣れてくれば十分だが。

news


Sasserワームというのがでてきているらしい。LSASSの穴を使って感染する。MS04-011を適用のこと。連休開けにはどうなっているかなあ。XPマシンなんか持っていないので感染はしないが。

bike


MV2
前サスのスプリングを交換。今迄ソフトが2本はいっていたのをハード2本に交換。ちなみに、ミディアムもある。
基本的にヘッドをはずし、ハンドルの中にある止めを廻してはずせばスプリングがある。出すにはひっかけるかさかさまにするしかないが。でてきたソフトは白、今度のハードは緑だ。ミディはチョコレート色かもしれん。
かなり固くなって前をホップでもしなければ動かなくなった。このぐらいのほうがいいな。

books


やしろただし「マウンテンバイク教書エキスパート編」、222冊目。ちょっと古くてテンションディスクとかでてくる。しかしケブラーでスポークを構成するというのはいいアイデアだという気がするなあ。調整が難しいところだけなんとかすれば今でも通用するんじゃないかなあ。
結局、フルサスが普及するようになったので難しいテンションディスクが廃れたらしいが、逆じゃないのかなあ。軽量で単純な技術にこそ未来があるベキだという気がするが。
丹羽隆志「バックカントリーマウンテンバイキング」、223冊目。

2004.05.03

misc


花壇仕事。耕して漉き込んで。でも明日は強風らしい。その前に雨が降ってくれないと土がとんでいってしまうなあ。
木の刈り込みなんかもやったが、実は大きなノコギリをもっていない。金ノコなら持ってるんですけどね。木工用の歯があればいいなあ、とホームセンターで見てみたが、それっぽいのはなかった。竹用の歯とかもあったけど。とりあえずスレート用の10山を買ってきて使ってみたが、よく切れる。正解だった。


イラクにおける兵士虐待。懲戒、訓戒?馬鹿にしてるのか。犯罪者は地元の司法に引き渡すのが当然だろ? (って現状地元の司法は米軍だったりするが) ついでにいえば日本に対してもそうすべきだよな。

books


マーリン=エラー + ジェニファー=エズトロム「ビル・ゲイツの罪と罰」224冊目。WindowsはいかにしてMacのようになったか。答え「ビルゲイツが『Macのようにするんだ』と言いつづけたから。」
なんというか... プロジェクトX みたいな話だった。MSにもビルにも戦略などなく、幸運とつぶすべきライバルがあるだけ。場末で冷遇されているハッカーが時折すばらしいハックをして素晴しいシステムを構築、それがたまたまあたる。するとそれが突然ビルのビジョンになると。もしくは強力なライバルが出現し、それが突然ビルのビジョンになると。VisiOn -> Windows、Mac -> 後のヴァージョンのWindows、Netscape -> インターネット、Linux -> セキュリティ等々。NTは戦略上重要だったので開発されたのではなく、引き抜きたい重要人物がやりたかったからやっただけで、たまたま売れた。そしてマーケティング戦略が駄目駄目にしていったとか。
MSで大事なのは素晴しいシステムではなく素晴しく見えるシステムらしい。安全に見えるセキュリティシステムとか?すばらしい。
あとは、どうしてあんなにもベーパーウェアが多いのかとか。楽天的な技術者は「2ヶ月でできます」といい、プロジェクトマネージャーはそういうときは4ヶ月以上かかることを知っているが、マーケは「1ヶ月でできるはずだ」といって出荷予定を決める。後は死のマーチをやってでもできなくてビルが怒鳴って誰ものやる気がなくなり遅れに遅れた期日にその時までにできただけのものが出荷されると。はっ、うちの研究所の話か?
バルマーは大声だけの野郎で、議論するときは相手があきらめるまで大声を出すだけらしい (バルマースタイル) 。これもうちの研究所の話みたいだなあ。


そういえば収穫もあった。ウインドウを重ねるよりも (Windows1.0のように) 並列に並べるほうがマウスの移動距離が短かくなって効率が良いらしい。でも重ねるほうがカッコいいからそっちをつくると。もちろんMacに似てるしね。

2004.05.04

misc


大風。日本中そうみたいだが。風に乗ってきたか、もう蚊がでている。嫌だなあ。
最近蛍光灯の点きが悪いと思ったら点灯管を交換したら直った。蛍光灯と一緒に交換しましょう、ってのは伊達ではないのね。


これからのOSってのは皆NetBootになってしまったりするんじゃないかなあ。そうするとバグ修正とかセキュリティ修正とかも簡単だし、ライセンスの管理も簡単にできる。ああ、一般ユーザはそうはいかんか。
企業用のNetBootと、家庭、モバイル用のやつを作って... あまり意味ないか。家庭用のやつがバグだらけでインターネットの問題になるようでは意味ないもんなあ。
しかし、OSもアプリもデータもサーバで管理ってのは来そうな未来って気がするけどなあ。まあ、X端末の頃に回帰しているだけだけど。

news


歯の再生まであと少し。30-40万円で再生が可能だろうと。5年ぐらいで一般まで降りてくるだろうと。すごいなあ。

bike


ワイヤーカッタも買ったし、モリブデングリスも用意した。いぢりたいけど... ちょっとおしめりなので我慢我慢。時間もないしね。
ブレーキレバーの右をリア、ってのはアメリカンスタイルらしい。良く使う後ろのブレーキを握力のある右手で、ってことらしいが、どっちかっていうと前のほうを良く使うよな。前のほうが良く効くし。ロックしやすいリアを制御しやすい右手で、って考えかたもあるか。まあこのへんは好き好きってことらしい。
バイク雑誌みてたら、外国のレースのライダーとか広告とか (MTBってのは大抵米国産なので) 軒並み右がリアの設定になっている。写真が全部逆焼きってことも考えにくいし、そういうものなのだろう。

2004.05.05

misc


「もろこし生茶」飲む。とうもろこしの味と匂いがした。


某NHKで "まるペ" を放送。300刊目とか。しかし、某NHKでなあ。


止った時計にSR621SWが使われていたので金額調査。近所のデパートでは550円、ホームセンターでは450円。だが、105円ショップでは SR621という互換品が105円で2つ売っていた。ちょっと怖くて買う勇気がなかったが、買うべきだったかなぁ。

pc


echo文をstderrに出力するには?bashなら "echo foobar 1>&2"。
"echo foobar > /dev/stderr" って手もあるようだ。なるほどねえ。


NetBSD関係 2題。ずっと書こうと思っていたのだが。
NetBSD/Debianいれた。http://www.srcf.ucam.org/debian-netbsd/floppies/からインストールFDをもってきていれる。インストールはNetBSDにほぼ同じ。使い勝手はほぼdebian。はいってないもののコンパイル等も大抵苦労なく通る。
楽しそうではあったが、保守がされていないかんじなのと、(NetBSDカーネルなので) framebufferが使えないのとが使いやすさをスポイルして結局また普通のNetBSDに戻した。興味を持って勢いで作ったが、ついてくる人が少なくて保守する勢いが削がれた、とかそんなかんじだろうか。
ifupがcore吐いていたが、こんなもん移植とかいわずにスクリプト書けばいいのに。ifconfigは動くんだから。


ずっとNetBSDには日本語コンソールがないのが不満だった。LooXぐらいの機械だと常時X11ってのは重すぎるような気がするし、まあ正直横長画面でGUIってのは使い難い。
しかし、kon2 も world21 みたいな多国語コンソールも使えず、カーネル自前のやつも多バイトフォントには対応していないので手がない。と思っていたのだが思わぬところに救い主がいた。MGL2だ。
MGL2といえば一昔前に流行ったキーボード付きWinCEとかシグマリオンとかで動くGUI環境だが、最近その手の機械がなくなってしまったこともあって開発も下火になってしまったものだ。これが実はi386のVGAで動く。ヘッダファイルを調整するぐらいで今のカーネルでも簡単にコンパイルできる。mgltermを動かせば、カレンダー付き時計付きの日本語環境のできあがりである。周波数が今一つあっていないのか、画面が多少下にずれるが、問題になるほどではない。
termcap、tarminfoは附属しているので screen も問題ない。画像表示プログラムもある。mgltermと同時には動かないが (動くはずなんだけどなあ)、他の仮想端末で使えばいい。
でもやっぱりframebufferほどのアプリケーションはないんだよなあ。

2004.05.06

misc


Sasserワームキター!いきなり艦内放送がはいっている。
まあ、そろそろでっかいのが来るとは思っていたけど。


そっか、W2kにはwinipcfg.exeってないのか。ipconfig /Allを使え、と。


Epson GT-8200UFを使っていたらバリバリ音がした。紙を押さえるために蓋に力をかけていたのが悪かったようだ。壊れてなきゃいいが。

bike


erzulieのリアシューをXTRに交換。ついでにブレーキをアメリカンに。
なんだか簡単にリアがロックするんですが...

books


リチャード=E=スミス「認証技術」225冊目。
御他聞に漏れずうちの会社でもランダムなパスワードをいれろ、半年に一度は変更しろ、とシステムが強制してくるのだが、そんなもんはまったく無駄だという話。難しいパスワードは守られないし、強制変更をされるとつい簡単に思いつく弱いパスワードをいれてしまう。またはパスワードを書いた紙をマウスパッドの下にいれるようになってしまう。某社の調査では3人に一人がマウスパッドの下にパスワードをいれているという。私はトラックボールだから大丈夫だが。うちの場合は重要なデータをサーバ処理するためにパスワードの管理を厳しくしているらしいが、内部通信は暗号化されてないからあまり意味がないような。本気で破りたくなったらスニッフィングすれば一発だ。
現在のパスワード (とか暗号とか) で一番恐いのは辞書攻撃だろう。DESでも使ってりゃ総当たりも現実的だが。しかし、大抵の辞書攻撃はランダムな2単語を攻撃するようにはできていないし、そのようにプログラムすることも現実的でない。で、筆者としてはランダムな2単語以上を連結文字 (でも - は除く) で繋いだものをパスワードにすることを推奨している。覚えやすいし辞書攻撃でやられるほど弱くもない。単語候補としては、ずっと昔の知人の名前、嫌いで口に出さない言葉、恥ずかしくて内緒にしておきたい事に関係したことなどを使うと知り合いにも推測され難い。こういうのは沢山パスワードを覚える必要があるとき使いやすいなあ。
あとは公開鍵関係。sshで鍵ペアを作るときにパスフレーズを聞かれるのはなぜだろうと思っていたのだが (だって認証には鍵ペアそのものを使うんだし)、あれは秘密鍵を暗号化するためらしい。それによって人に見せてはいけない秘密鍵が漏れた場合でも、ある程度の時間かせぎができる。今、私は空のパスフレーズを使うことが多いが、別にこれで通信の安全性が落ちるわけではないんだな。でも、秘密鍵がバレたら即座にアウトとなる。
RSAの素数はどうやって作っているのか (もしかしたら候補をリストとして持っているのか?それならそこが弱点になるのでは?) と思っていたのだが、ランダムに生成するらしい。適当な大きさのランダムなビット列を作り、最初と最後を1にしてやってそいつが素数であるかどうか確認すると。でも本当は確認している暇がないので、素数である確率が高いかどうか検査して使う。素数でなかったら?安全性下る or うまく復号できない。復号できないのはいいが、安全性が下るのは困るよなあ。


「シャンク!」再読、226冊目。『我、羊の群の中に贖える者の位置を示しその力に乞う』
こういうのをパスフレーズに使うと... マニアックな辞書に破られそうだなあ。『我、羊の群の中に贖える00光の白刃』とかならいけるかも。もしくは『我は放つ羊の群』とか。いや、使わんが。

2004.05.07

pc


"A Fast CJK (Chinese/Japanese/Korean) Console Environment" zhcon。Linux 及び FreeBSD。日本語はJISのみ?
使ってみたが日本語フォントがめちゃくちゃで句読点がラインの上のほうにいったりする。また、screen使うと日本語が表示されなくなってしまう。ううむ。

misc


スライドバーの長さが文書全体と表示域との比によって変るというのは今時どのGUIでも使っているメジャー、かつ (バーが短くなりすぎなければ) 便利な機能だが、これを最初に開発したのは MS Windows 1.0の開発者 マーリン・エラーだという。にもかかわらずビル・ゲイツの一声でこの機能は削除されてしまった。その一声とは「Macに似てない」。さすがだ、ビル。
しかし、マーリン・エラーってのはいい名前だなあ。大Wizardなんだろうなあ。

news


邦人殺害に金5百グラム ビンラディン氏とされる声明で。イラク派兵をしている国の市民には500g (約70万円) だそうな。嫌な話。70万円で殺されてはかなわんなあ。


三菱ふそう前会長ら7人逮捕 脱輪で虚偽報告容疑など。三菱車に乗っているからいうわけではないが、基本的に事故調査を事故を起した会社にやらせるってのがセキュリティ的に間違っていると思うのですが、いががなもんでしょう。国交省には自前の調査機関とか研究所とかないのか?


マツダの新型コンパクトは「ベリーサ」。メリーバ対抗なのかなあ。だとしたらおもしろそうだなあ。ああ、でも国内専用なのか。じゃあ待つほどもないかなあ。


Blasterを超えたワーム「Sasser」 - 駆除ツール装うワームにも要注意。記録は破られるためにある。
しかし、なんて読むのかね。サッサーか?


ディズニー、マイケル・ムーア監督のブッシュ批判映画配給を禁止"映画はマイケル・ムーアが監督し、9月11日同時多発テロを題材に、ホワイトハウスの同時テロへの対応方法や、ブッシュ一家と著名なサウジアラビア人一族との関係に焦点を当てている"そうだ。題名は「華氏911度」。もちろん9/11テロにかけてある。楽しげな映画だねえ。

bike


リカンベント。
M5。ここならCity Mateあたり。
ScooterBike。Urbanあたり。内装ギアだし。
あとはsazanamiとか。
思うに停止時に変速したくなるリカンベントには内装ギアが良く似合うと思うのだが、採用しているのはあまり見ない。ScooterBikeぐらいか?あと、チェーン長いのはなんとかならんのかなあ。
価格を考えると... 漣にInter-8載せて10万円コースかなあ。って買わんけど。


DualDrive。2WD自転車。自作しているらしい。トルクステアがある自転車ってのはすごいなあ。

2004.05.08

news


Sasser作者が逮捕とか。NetSkyも造ったとかいう話だったので賞金がでるじゃなかったっけか。
やっぱり賞金目当てに売られたらしい。しかし未成年か。いろいろ難しいねえ。

misc


種蒔き、食事、公園、図書館といつものコース。そういえば花壇にはみの虫がいた。昔は良くみたが、最近は絶滅危惧種だ。それがうちにいてくれるとは嬉しい話だ。

books


神林長平「グッドラック 戦闘妖精・雪風」、227冊目。
ロバート=アスプリン「魔法の地図はいわくつき!」、228冊目。

2004.05.09

misc


結局、SR621SWは504円で買った。ふっ。


そのホームセンターの手前にヤナセがあって、なにげなく歩道 (近く) にメリーバがとめてあった。そしてフロントグラスには「試乗車」と書いたコピー用紙が貼ってあった。なぜコピー用紙?
来週末ぐらいに乗りにいってみるかな。

pc


cdparanoia をかけるがエラーがでて進まない (やつがあった)。もっとも表示が "e" だったので、ちゃんと訂正されているようだが。"V" なら駄目だが。
"cdparanoia -Y" で cdda2wav 並みのエラー訂正。"cdparanoia -Z" でエラー訂正なし。


あれ?LooXのほうの無線LANを起動してから家のやつを起動したほうが速い設定になるのか?11Mb/sになっているな。いつも 2Mb/sになっているのに嘘のようだ。
こういうのはどっちが先でもちゃんと最高速度になるようにネゴシエートして欲しいよなあ。

books


火浦功「大出世。」229冊目。『甲羅には、矢が一本、突き刺さっていた。だから、甲羅をナベのかわりに使うことはできなかった。』こういうのを読むと火浦功になりたい、と真剣に思ってしまうなあ。


ティム・バーナーズ=リー「Webの創成」230冊目。ハイパーテキスト自体はTCP/IP以前からあったらしい。しかしそれは内部で完結したものだった。それをインターネット上にリンクする形にしたのが筆者らしい。いわゆる分散型システムである。分散型にすることによって拡大しやすく、保守しやすいものになった。また、基本的に情報に対してグローバルなアドレスを付けるだけのものなので、過去の遺産の再利用もしやすいものになった。
今後の Webの進化の形としては「推論層をとりいれる」「双方向にする」といったことが欲しいという。推論層とは "車 = 自動車 = 4輪" といった情報DBを持つという考え、双方向はいうまでもない。Wikiなんかこっちの方向であるが、そういうのが発展して大人数でのブレーンストーミングが可能になるようなシステムができることを考えているらしい。
関係ないが、この中でアメリカ人の思想として「人間の価値は、その人物がいかに重要な地位にあって経済的に成功しているかにあり、それは金銭の額によって測定できる」という恐しい考えを持っているとあった。欧州で根幹をなしているのは「金銭的な報酬についてはそこそこにし、何よりも自分が本当にやりたいことを優先する」というものだという。私は欧州のほうがましな考えだと思うが、日本は米国よりだよな。
もひとつ、特許は障害である、なぜなら "ある会社が開発中の技術に関する特許をもっているらしいといった噂を耳にすると、その方面には力を入れなくなる" のだ、ということがあった。技術開発をあとおしすべき特許制度がつまらんことに使われているもんだ。今はほどんどカウンター特許のための特許で中小の参入は難しいとかね。


リチャード=C=ホーグランド「火星のモニュメント」231冊目。人面岩の話。おお、トンデモ、と思って借りたが、読むほどのものでもなかったな。

bike


いつもいく自転車屋でストライダ3 を見る。欲しい人が注文したらしい。マニアがいるなあ。


今日は霞ヶ浦ツーリング大会とからしいが、あいにくの雨。なんかフェリーに乗りきれないほど参加者がいたらしい。

2004.05.10

news


Winny作者の47氏、逮捕へ。Winnyの機能ってP2Pなんかよりもビデオ配信に使ったりするのにいいんじゃないかと思っていたのだが、技術自体の規制にならんといいなあ。とかいいつつ、ARMみたいな組織ができたらはいってしまいそうだが。
開発者が悪いのか使用者が悪いのか、ってのはいつも議論になるところだと思うが、やっぱり力を持つものにはそれなりの責任が伴なうのは仕方のないことではないかと。
あ、不正アクセス防止法かと思ってたら、著作権法か。そりゃ納得いかんなあ。ただの報復でしょう。


Royal Bank of CanadaもSCOから脱出、SCOはレイオフを開始。よっしゃ。


米大統領、「虐待は少数の行為」 「任務遂行」を約束。事実関係を把握して責任をとらせるとあるが、事実関係調べる前から「虐待は少数の行為」なんてことがわかるのか?つまりは始めに結論があるんだな。

books


ロバート=アスプリン「魔法探偵社よ、永遠に!」232冊目。『"あの猫"の黄色い鞄』。耳があって黒い有名な彼だそうだ。そういえば耳がなくて青い有名な彼もいるな。

2004.05.11

misc


色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法。全部白黒でやってくれ。
冗談はともかく、とても理解の助けになるページ。私はどうやら第2色盲らしい。一番メジャーなやつか、チッ。区別困難な色の組み合わせとか載っているが... 全部区別困難なんですが?そりゃそうだ。でも普通のひとは区別するの簡単なんだろうな。不思議だ。
そういえば私は赤ボールペンで書き込みいれるより青ボールペンでいれるほうがわかりやすいんだよなあ。赤緑がわかりにくい分青の感度が上っている、とか書いてあるし... なるほど、ってかんじだ。もうちょっと勉強してみよう。
でも、青ボールペンでチェックをいれていると、「それじゃあ分りにくいだろう」とか文句をつけて赤ボールペンを寄越してくる奴がいたりするんだよな (隣の部屋に)。貴様、俺の見え方が俺よりわかるってか?まあ、基本的に他人が自分と違う考えと持つとは思ってない人ではあるのだが。彼には世の中単純だろうなあ。自分の正義は皆の正義だもんな。


そうそう、充電のLEDって分りにくいんですよ。充電中は赤で充電終了で緑... わかるかそんなもん。点滅と点灯にしてくれ。

pc


手元のデスクトップを 2.6.6 に入れかえ。それに伴ない VMware も4.5.1に入れかえ。
VMware、速くなったか?よくわからんなあ。便利になったか?よくわからんなあ。ただ、無用の表示が増えて必要な部分の面積が狭くなったのは間違いないな。基本的にTABなんかいらないんだけど。
あと、仮想ハードウェアがかわったのでネットが繋がらなくなったりー。あんまり意義なかったなあ。2.6.x対応だけだなあ。基本的に。


2.6.xになってずいぶんとデバイス関係がかわった。moduleをロードするのには module-init-tools が必要だ。そしてこれの設定ファイルは /etc/modprobe.conf あたりにある。文法もちょっと変わった。
例えばサウンド関係の設定は、OSSの場合、
alias char-major-14 soundcore
alias sound-slot-0 i810_audio
alias sound-service-0-0 i810_audio
install i810_audio /sbin/modprobe --ignore-install i810_audio && /usr/bin/aumix -v70 -w70
ってなかんじだ。pre-installとかやっていたかわりに install を使う。vsior の前に uhci-hcd を per-loadしておきたいときは、"modprobe --ignore-install uhci_hcd && modprobe --ignore-install visor" といった形で書いておく。--ignore-install を忘れると何度も自分自身を呼びだしてしまうので要注意だ。(やったけど)


あとは 2.6.4 あたりから usb scanner moduleが消えた。saneとか使うときは libusb を直接呼び出すようになる。私のスキャナーは Epson GT-8200UFだが、以下のような操作が必要だった。
"/proc/bus/usb/001/002" はマウントするたびに元のパーミッションに戻るしな。結構面倒だ。devfsのほうが楽かな?

news


Sasser容疑者逮捕後も同種のワーム出現はやまず。わはははは。もっと酷いことに誤認逮捕だったりして。


ACCS「P2P悪用予見の場合は開発・配布者にも一定の責任」。結局どう使われるかで決まるって話か?そんなこといっても配布者には制御のしようがないじゃんか。P2Pでファイル交換するソフトはみんなクロってことになってしまう。
なるほど、"権利侵害を防止する措置"をいれろと。そういうことは DVD側や CDDA側でやってるじゃないですか。そっちの無能を棚に上げて P2Pのせいにされてもねえ。それに地上波のアナログ録画とかはどうやってその手の機能を盛り込むんでしょうか?
交換したソフトの MD5 が全部ACCSに送信されるってのでどうかな。怪しいファイルを摘発したときに MD5 から追跡できるとなれば、防止効果もあるような。いやいや、そんな機能がはいってもファイルを1G個ばかりつくって送信テストなんかしませんし。


インテル、90nmプロセス/L2 2MBの新「Pentium M」発表。なんとかナンバーになった。うむ、わかりにくいぞ。"熱設計電力は21W" ってことだが、本当かなあ。90nmプロセスは漏れ電流が多くて消費電力が下らないんじゃなかったっけ?
キャッシュ2MBってのは一昔前のWS並みで魅力だが、古いPentiumM買っとくべきかなあ。


SF志向を貫くNASA先端構想研究所。む、可動部のない航空機?思いもよらなかったなあ。世の中には賢いひとがいっぱいいる。
私も衛星軌道から羽根付きの棒を落としてボーリングを行なうなんてことを考えたことがあるが、まだまだだなあ。

2004.05.12

pc


あれ、Beep音がでないー、とおもっていたら kernel 2.6.xではデバイスドライバ作らないと音がしないようだ。"CONFIG_INPUT_PCSPKR=y" で音がでる。もしくは、"Device Drivers -> Input device support -> Misc -> PC Speaker support"。まあいらん人もいるのだろうなあ。

news


「HDDがLonghornのボトルネックに」、MSが設計変更を要請。HDDにフラッシュメモリのキャッシュをつけろ、と我侭を言っているらしい。
"LonghornではCFスロットにフラッシュカードつければ、格段に性能が向上しますよ" でいいじゃん。そういうキャッシュを自前で作るのは自信ないから、ハードウェアメーカーにやらせようってのかな?

misc


私のページって IEじゃうまく見えてないのね。IEって透過pngを扱えないのかなあ?


色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法"「この色は何色に見えるの?」" なんて無意味な質問だ。そんなことないってのなら赤ってどんな色か説明してみてくれ。
色覚に障害を持っていたとしたら、あなたのサイトは見えるでしょうか ?"男性の約 8% に何らかの色覚不足がある"とあるな。米の資料をそのまま翻訳しているのね。

bike


帰りに走っていたら車道の車の陰から人が (歩道に) とびでてきて、急ブレーキをかけた結果、ほぼ前転した。さすが Vブレーキ、だが痛い。つうかちゃんと自転車横にして止まれるようにならんといかんなあ。
もちろん飛びだしてくるやつがわるいんだけどね。

books


「卓球戦隊ぴんぽん5」番外。『暗黒大王名代呪術幻覚スマッシュ』。

2004.05.13

misc


くそー、首痛い。昨日転んだとき結構力がはいったんだなあ。まあそんなもんだよなあ。頭打たなくて幸いだったが、やっぱりあきらめてメットかぶるかな。肩凝りにはやっぱりおきゅ膏だよなあ。これ教えてもらってよかったなあ。
そういえば顔も痛い。やれやれ。


ツボ押しの秘訣。ゆっくり押える、強くするのがいいが痛くなる前にやめる、筋肉全体をマッサージ。


中国の海洋調査船、また尖閣諸島沖で調査活動。うちも海洋調査とか関係ないこともないのだが... さっさと日本でガンガン調査して完璧な地図を中国に売りつけることを希望。日本の領土だから中国は採掘できないんでしょ?
そうすりゃうちも特需に... っと、これは声に出してはいけない。


「出来損ない」の著作権保護が創造性をダメにする 「FREE CULTURE」を出版したローレンス・レッシグ教授に聞く"米国でもかつては、著作物として認められるためには登録、更新の手続きが必要で、それらの手続きを経ない作品は、パブリック・ドメインに入った"そうだ。いいねえ、これ。ついでに長くするほど高くするともっといい。最初のミッキーマウスなんか、76年ものぐらいだ。それなら最初の年の 2^76倍ぐらいの金取っていいんじゃないの?

news


シャープ、7.2型WXGA液晶でA5サイズノート「MURAMASA」。なんのかんのいうまえに、液晶とキーボードまわりの縁が厚いのが嫌。


Intel、将来のNetBurst系CPUをすべてキャンセル。CPUの将来って、超並列なRISCコアと賢いコンパイラ (もしくはコードモーフィング) あたりにあるんじゃないかと思っているのだが。
TransemetaもなんでVLIWなんて方向に行くのかよくわからん。


あらゆる輸入音楽CDに規制を?――危険な著作権法改正が進行中。楽して儲けたいというか、絞れるだけ絞りたいというか。屑共が。著作権なんか取り上げちまえ。

bike


チャイルドトレーラー。ほかにはTREKのやつとか。欲しいような、でも高いような。
娘によると、「ちょっと乗ってみたい」だそうな。でもよく考えたら置く場所がないなあ。


トレーラーバイクってのもある。簡単にタンデムになるという代物。こういうので練習もいいかも。

2004.05.14

misc


そういえば「株式会社ウエディング」からSpamが来るようになったな。From が "株式会社経済文庫" となっている奴だ。このへんは"「組織ぐるみ(?)でspam送信spam投稿 (株)全信協」"に詳しい。悪マニにリンクしているからかなあ。フィルタリングして /dev/null 送りかとも思ったが、証拠としてとっておくか。

pc


キーボード配列を変更するのは console-toolsだが、2.6.xから扱えるキーコードが増加したこともあって設定ファイルのほうも変ってきているようだ。Debianだけか?
Ctrl と Caps_Lock の設定が2箇所にあるので、注意すること、という話。


まあいつまでも "株式会社経済文庫" を受けとっているのもシャクなので、ちょっとばかり細工。私のMTAはqmailなので... どうしようかなあ。自分のサーバじゃないから /var/qmail/control/badmailfrom は使えないんだよな。拡張アドレスだけなら設定ファイルを削除してやればいいのだが。基本のアドレスなんか最初から使用禁止にしておけばよかった。今度からはそうしよう。
qmail には "bouncesaying" というツールがあるので、これを使えばよいようだ。.qmailの最初に "|bouncesaying error_message program" と書いてやって、2行目以降には bounce しないときの処理 (転送とか) を書く。program は適当な shell script をでっちあげて、いやんな From をみつけたら "exit 0" で終了するようにしておく。それ以外のものなら "exit 1" とかだ。基本の設定ファイルにちなんで、このプログラムを "badmailfrom" と名付けることにしよう。正規表現で check する必要があるから、使うのは egrep かな。Fromは qmailが環境変数 "SENDER" で渡してくれる。で、こんなかんじ。
#!/bin/sh
PATH=/bin:/usr/bin
if [ `echo $SENDER | /bin/egrep ".*@bad\.mail\.domain"` ]; then
	echo "$SENDER" >> $HOME/badmailfrom.log
        exit 0
elif [ `echo $SENDER | /bin/egrep ".*@bad\.mail\.domain2"` ]; then
	echo "$SENDER" >> $HOME/badmailfrom.log
        exit 0
fi
exit 1
まあ、こんな場合は別の正規表現を使うと思うが、雰囲気ということで。elif 使うより "||" や "-o" で繋いでしまったほうが速いかもしれないが、そのへんは御自由に。
いうまでもないが dot-qmailのほうの内容はこうなる。
|/var/qmail/bin/bouncesaying "user not found." $HOME/bin/badmailfrom
&forward@good.mail.from

news


ハイブリッド車の燃費に不満の声。燃費チューンの話、ってことでもないのか。試験方法がいかんと。10/15モードも駄目だし。


ブラウザーを乗っ取ってポルノをばらまく悪質なスパイウェアスパイウェアの被害、急速に拡大。問題になっているなあ。
基本的にセキュリティホールからはいってくるようだが、それにしても昔風の見るだけのブラウザならこういうことが起る危険も少なかっただろうに、とは思う。結局、クライアントサイドでいろいろやらせるから感染もするし穴も開く。まあこのへんは、テキストのみのメールとOutlook等のプレビューで勝手にウイルス実行みたいな関係か。スパイウェアに感染したひとは、見るだけ (そしてサーバサイドのプログラムだけ) の web でも良かったのになあ、とか思うのだろう。
ところで、"『ウィンドウズXP』の『サービスパック2』をインストールすれば、ユーザーが間違ってセキュリティー・レベルを「低」に設定するケースが、今よりも少なくなるだろう"とか書いてあるのだが... セキュリティー・レベル「低」なんて無くしてしまえって思うのは私だけ?


本当の犯人は誰?--Sasserに新たな亜種出現。大変な量だし、"何人かのグループで作成したと考えるほうが自然だ"という話。未成年の彼をおとりに金をせしめて皆で分配、だったしりして。


ムーア監督の新作、新たな配給元探しで合意。ってことはやっぱり急な話だったんじゃないの?前から言っていたのならとっくにそういう話がでてるでしょう。嘘つきはディスニーのほうだった、ということで。

books


唐沢俊一「トンデモ一行知識の世界」233冊目。『HAL8997』。あとエスペラント人。そういえば南蛮人ってのもいたなあ。南蛮帝国に住んでいる。再版されないだろうなあ。陸軍中野予備校。とっておけばよかった。
佐藤俊明「禅のはなし」234冊目。

2004.05.15

bike


ちょっとシューを調整。あとチェーン洗浄とか。erzulieのタイヤをみてみると、前輪サイドウォールに深めの割れ目あり。ほとんどケーブルにまでとどいている。紫外線による自然劣化かとも思うが、ちょっと早すぎるような。空気圧をかなり高めにしていたのも悪かったか。しょうがないので、あまっていたブロックタイヤに交換。ただ、前ブロック後スリックでは不自然なので、前スリック後ブロックへ。前ブロックにしておくと道の溝にはまってしまうからなあ。
前のみスリックってのは他にも仲間がいるようなのでまあいいや。しかし、今後どうするかなあ。

books


ライアル=ワトソン「アースワークス」235冊目。半分ぐらいはトンデモ、つうかオカルト。
首刈り族の村で行なわれるサッカーはその激しさにもかかわらず引き分けばかりだという。「これは試合だ。誰かが勝たねばならんのだ」という宣教師に対し、食人族の2人のキャプテンは諭したという。「それは違う。誰かが勝てば誰かが負けねばならない。それではいけない。」
本田宗一郎「私の手が語る」236冊目。

2004.05.16

books


スティーブ=チャン、ジェニー=チャン「ウイルスバスターの冒険」237冊目。別にウイルス対策がやりたいとか、新しい分野を切開くとか、そういうのじゃないのね。経済的目標が最初になってウイルス対策は後からついてくるかんじ。ダイヤモンド社の本だからかもしれんが、そんなん読んでも別にねえ...
ティモシー=ザーン「不思議の国トリプレット」239冊目。

2004.05.17

bike


なあんだ、雨降ってないじゃん、と自転車で来たら小糠雨。ううう。クロモリが錆びちゃうよう。
チェーンに泥もはいってメカが削れるし、雨の日は基本的に乗りたくないんだよう。いや、雨の日も自転車通勤したいんだけど、ピカピカのクロモリを雨に濡らすのは嫌なんだよう (特に昨日手入れしたような時は)。とかMTBで言うのはつくづく邪道だなあ。
雨用シティサイクルでも買うか?どろよけ付き、ステン、内装3段ぐらいで。
とか思ってたら、BSにウルトラスーパーライトなんてあることに気付く。シティサイクルで9.7kg。なんかの冗談なんでしょうか?昔持ってたロードバイクより軽い気がするんですが?

pc


scmailテスト中。もちろんscbayesも同時にテスト中なのだが、どうも spamprobe よりこちらのほうが優秀なかんじ。日本語メールの判別もできるってのは当然有利な点なのだが、英文メールに限っても scbayes のほうがうまくよりわけてくれるようだ。しかし 600通/900通 がspamってのはなんだかなあ。
ということで、本日よりmaildrop を止めて scmailに移行。

misc


新 Vaio Uってあちこちで人気のようだが、私はそんなにそそられんなあ。やっぱりキーボードメインじゃないと。

news


アメリカ自然史博物館で虫を食べるイベント開催。つうか欧米、日本以外では結構虫を食べているらしい。我々のところはめずらしいところなのだ。(但し長野を除く、とか書くとまたアレになっちゃうなあ)
21世紀には結構虫が重要な食料源になるのではないか、ってのは以前から思っているところだ。挽肉にしちゃえばわからないし。私は... 形があるとまあ抵抗あるかなあ。でも挽肉になっていればそんなに気にはならないと思う。

books


カルヴィン=C=クロースン「数学の不思議」240冊目。はっきりいって高度。最後のほうはついていけない。今回の収穫は
(1+1/2^4)*(1+1/3^4)*(1+1/5^4)*(1+1/7^4)*(1+1/11^4)*... = 105/π^4
ここで、右項の分母は全ての素数の4乗である。全ての素数とか言われても、どんなものがあるのか、どういう性質があるのかわかってないのにこのような式がある。実に不思議だ。はたしてこの式は証明されているのだろうか?証明されているとすれば、素数の数列のもつ性質というものがわかるということで、それは素数の規則性を表すなんらかの指標があるということだろう。まだ誰もみつけていない規則が。
あと、素数といえば暗号だが、公開鍵の領域 (2^1024ぐらい) ではだいたい357個にひとつの数字が素数であるらしい。また、最後が1, 3, 7, 9以外のものは素数ではないのでその40%を探索すれば暗号に使える素数が得られる。そんなに酷い数字ではないなあ。現実的に探索できる程度だ。
ところで、公開鍵に使われる素数が真に素数でなかったとき、うまく複合化できないというのは、"常に" ということではなさそうだ。互いに素でないときにうまくいかないことになるのだと思う。つうことは安全でない素数 (でないもの) を使う可能性があるということだな。

2004.05.18

news


Efficeonにウイルス対策機能を標準搭載"Windows XP SP2のセキュリティ機能「Execution Protection」(実行保護)と連動し、メモリのデータ領域から悪意あるコードが実行を試みた場合に、PCを自動的に停止させる"って、PCが停止するんじゃなくってそのプログラムが停止するんだよね?違うのかなあ。PC停止させられたら、それだけで十分な被害って気がするが。

misc


デスクトップパソコン買おうかなあ、と思っていたのだが、今は時期が悪いかなあ。Pentium Mベースになってからのほうがいいよな。って、どのぐらいかかるんだろう?年末ぐらいには来るのか?

bike


リアをブロックにしたら、一層ロックしやすくなった。前後とも簡単ロックだなあ。

books


ユニマガ、番外。CD-Rの寿命は意外に短いという話があって、さて困ったなあ。データの長期保存に使おうと思っていたのだが。手にはいり難い (ってわけでもないけど面倒な) DDSからのデータ移行もやっているというのに...
有機色素ではなく、相変化型のメディアならもっと耐久性があるかも、という意見もあった。となるとCD-RWに保存するとかいう手かなあ。価格もそんなに馬鹿高いわけではないし、安全を考えると考慮に値するかもしれない。

2004.05.19

misc


ごがつじゅうくにち、くもり。きょうもいつものようにじてんしゃでかいしゃにでかけた。そしていつものこだちのかげをまがると、ぶらいんどになっていたところにみししっぴーあかみみがめがいた。あぶなくふむところだったが、なんとかさけた。ごめんね、みししっぴーあかみみがめさん。
ちなみに実話。つくばの道は斯様に危険だ。


自転車のある生活。って webCG じゃん。まあ、Bicycle NAVI も出している会社だし、いいのか。写真でみているのはTR-1かな。私だったらクロスバイクは買わんけどなあ。どっかにもあったが中途半端だから。
とかいいつつ昔買ったけどね、TR-1。


昨日衛星写真の話をしていて、今日本上空 (155E) にいる GOES9 の話になった。もともと GOES9は 90Wぐらいのところにいたのがここまで来たらしい。2002.12から2003.05ぐらいかけてきたらしいが... どういう軌道できたんだろう。ちょっと遠軌道に移って待ってた、とかなのかな?

news


VeriSignの対ICANN訴訟、独禁法訴訟としての成立困難に。とりあえずめでたい。くたばれVeriSign、とまでは言わんが、SiteFinder にはすげえ腹たったし。


アマチュア無人ロケット宇宙へ、CSXTが打ち上げに成功。高度100km突破とか。

pc


以前古いメールのフォルダをアーカイブするときに tar+gzip を使ったのだがいつのまにかファイルが壊れていて回復不能になったことがあった。そのときはまだ元ファイルがあったのであまり問題にはならなかったのだが、重要なファイルでおこったらと思うとちょっと怖い。
基本的に tar は、ファイルの破損があったらそこから先は展開しない。このような問題は cpio や pac を使えば解決できる。特に pac と tar のデータ形式はほぼ同じなので、tar で固めたファイルが途中で壊れていたときも pac によって回収するといったことが可能だ。壊れてしまったファイル自体はどうしようもないが、これはどうしようもない。
圧縮のほうはどうか?gzipは壊れてしまうと手のうちようがない。bzip2ならば bzip2recoverというユーティリティがあるので、これによって回復できる... となっているが、私が 1byte壊したファイルは見事に復元できなかった。どうやらいつでもOKというわけではないようだ。かといって圧縮しない、という選択肢はちょっと寂しい。
そういうことであれば、ファイルを圧縮した後に cpioなり tarなりにかければいいということになる。cpioのほうが効率がいい (区切りの部分が少ないってことだが) ので、そっちを使うのがいいだろう。これならば適当に圧縮されていて、しかも壊れたとしてもそのファイルだけ、という圧縮アーカイブが可能になる。全部のファイルに bzip2 (なりgzipなり) かけるのは、ちょっと面倒な気がしないこともないが、まあスクリプト一発で済む話ではある。
とか考えながらググっているうちに afio なるものをみつけた。まさに gzipしてから cpioってなことをやってくれるらしい。
しかし、アーカイブするのが後となると大きさがどうなるか気になるところだ。そこで、tar+bzip2, cpio+bzip2, afio (gzip), afio (bzip2) ぐらいを、問題のメールフォルダに対して行ない、サイズ比較をしてみた。その結果、
470076957 byte  mail2004.tar.bz2
469987636 byte  mail2004.cpio.bz2
485560320 byte  mail2004.afz
484648960 byte  mail2004.afbz2
ということになった。この場合は3%ぐらいで、まったく問題になるような違いはでないようだ。ほかのディレクトリで試してみたところ、2割程度だったが、これはちょっと大きい。まあリスク回避分と思うしかない。
afioの使用法は、
アーカイブ (ファイルリストを渡してやる)find . | afio -oZ archive.afz
展開afio -iZ archive.afz
リストafio -tZ archive.afz
である。圧縮しないときは -Z はいらない。bzip2を使いたいときは "-P bzip2" を追加。


ついでに cpioの使用法を。
アーカイブ (ファイルリストを渡してやる)find . | cpio -o > archive.apio
展開 (オリジナルの日付で展開)cpio -im < archive.cpio
リストcpio -i --list < archive.cpio

books


A=S=タネンバウム「OSの基礎と応用」241冊目。A4で828ページ、内容も手強い。厚めの軽い紙でボリュームをかせぐような、どっかのベストセラーとは訳が違う (って悪いのは出版社だが)。
ダチョウアルゴリズム (頭を巣につっこんで問題を無視する)。ノーガード戦法ですな。もっともセキュリティとは違うのでこのへんはトレードオフなんだとか。
ちょっと以前の MSの裁判では、原告の「MSが隠しAPIを自社のためのみに使って (自社製品だけ性能向上させて) いる」という主張に対し、「Windows の公開されてないAPI は "削除される可能性があるため使うべきでない"」と反論するという場面があった。実はこれは MS-DOSの頃からの戦略らしい。TSR、いわゆる常駐ソフトをつくるのに必要なフックを、未公開にしておいて他社には使用させようとしなかった。もちろんMS自身のTSRでは使っているし、そのフックなしではTSRができないので他社も使わざるを得ない。自社製品では使っているところをみると、別に削除するつもりなどないことも明白だ。
もし重要なフック (API) を公開すると保守の義務ができ、MSが主導権を握ることができなくなるのを嫌っての処置であったという。OSはアプリケーションの根幹を成す部分であるのに、その機能をフルに仕えないってのは、実にバカバカしい話だ。今は全ての機能の公開された素晴しいOSがあるのだから、そちらを使うのが正しい道だと思うのだが。
あと、全ての計算機の時間を同期させるのは相対論的に無理、とかいう話があった。わはははは。
10年以上前に書かれた本であるが、古くなっていない (というより今後のことまで書いてある) と感じさせる一冊。というか計算機の速度は上ってもソフト面はそれほど進化してないのかな?

2004.05.20

news


「1日1回以上ネットを監視せよ」──不正アクセスの元研究員にACCSが要求。ノーガード戦法のうえに嫌がらせが好きってか?監視範囲をきちんと決めてもらわんと。それとも世界中の全コンテンツを見はれってか?
一日一回ググればいいって話だったりして。共有ソフトはどうも違法らしいから、監視のためとはいえ使用するのはまずいよな。


ハイテク駆使でも嘘は見抜けない――「嘘発見機」の現状。そうか、いろいろあるけど役に立たないのか。


アルカイダメンバーが日本にいたとかで... まあ結局、人種差別的な発言になってしまうが、白人っぽいから関係ないって先入観があったのではないだろうか?しかし、水際で阻止できないとは、どうしようもないねえ。
あとは一人みつかったら他のメンバーが「これはいかん」と海外逃亡を企てるのではないかと。そのときに置き土産にテロをしていくのではないかと。ここ数日は要注意かも。


某小泉首相が訪朝とかで、なぜだか拉致被害者の皆さんがどんどん引越ししている。それはつまり、もう交渉は済んでいて家族が帰ってくることがわかっているってことなのか?
それ自体は (たぶん) めでたいことなのだと思うが、一体どのようなやりとりがあったのだろうか?どんな裏取引をして家族を得たのだろうか?そのへん、まったく国民に知らされないってのは薄ら寒いものを感じてしまう。
日本が民主主義国家だなんて幻想を持っているわけではないが、「騙すならうまく騙して」ってところか。

misc


ご他聞に漏れず私のところも英文の spamが多いわけだが、ときどき誤認識されるメールを探して spamをみているときに気付いた。まともなメールって当然最初に "Dear Mr. XXX" とか "Dear XXX-san" とか書いてあるんだよな。対して spamなら mailaddressそのままか、mailaddressの @ より前の部分かが書いてある。ふむ。
試しに、spamメール全部に対して ("dear" を含む) and ("XXX" を含む) and (mailaddress (とその一部) を含まない) 行を見つけるように grep かけてみたら、ひとつだけひっかかってそいつはまともなメールだった (ををっとまずいぜ、返事を書かねば)。あとはどうも spamだった。意外とこんな簡単な規則でいけるのかも。

pc


ひさしぶりにlooxをリブート。その前にuptimeをみると28日だった。Suspendしている間はカウントしてないようなので、相当前から動いていたんだなあ。
リブートついでに WindowsUpdate。特になにもなかったが、そういえばSSLのルート証明書がupdateされてたなあ。またどっかかわったのかね?
なぜリブートしたかというと 2.6.6 をいれるため。patch は vd_unicon と swsusp2。


afioをいれて使いはじめたが、ls --colorに拡張子 afzが対応してない。アーカイブとして、tgzやtar.bz2と同列にあつかって欲しいのだが。
このへんは環境変数 LS_COLORSでなんとかなる。LS_COLORSは "eval `dircolor -b`"で設定しているので、このへんをいぢってやればいい。まず "dircolors --print-database > ~/.dircolors" で設定ファイルを作る。その中に afzを追加して、"eval `dircolors $HOME/.dircolors`" で LS_COLORSを設定するように変更する。これだけ。

books


大竹雅一「韋駄天MTBオフロードライディング」242冊目。とりあえず前転しない急ブレーキか。
アキフ=ピリンチ、ロルフ=デーゲン「猫のしくみ」243冊目。マタタビというのは猫にとって相当な「ハードドラッグ」らしい。身体を壊すまで耽溺するという。

2004.05.21

misc


風邪ひいたようなので、今日は休み。

news


「Linuxの父はLinusではない」!? MINIXのコードがいっぱいはいってるんじゃないかって話。まあ例によってMSがらみの馬鹿話らしい。
過去の経緯からすると、タネンバウム教授のほうが怒るんじゃないの?"一緒にするな" って。

books


森川幸人「マッチ箱の脳」244冊目。AIの本。文系向けということでさわりだけだが、広範にあつかっていて楽しかった。
矢作俊彦「スズキさんの休息と遍歴、またはかくも誇らかなるドーシーボーの騎行」245冊目。『万国のスズキさん団結せよ』。
冲方丁「カオスレギオン」246冊目。

2004.05.22

misc


昨日は夕方からかなりの高熱。もしかすると扁桃炎かなあ。
医者にいってみるとそれっぽいことを言われる。うむ、困ったもんだ。

books


冲方丁「カオスレギオン0」「カオスレギオン01」「カオスレギオン02」、249冊目。

2004.05.23

misc


熱引いた。やれやれ。
昼食に寄ったイタリアンレストランで隣りに座っていた若い女性の2人連れの片方が「私って的を得てないひとって駄目なんだよねえ」ってなことをいっていた。
そうだろうなあ、的は射てないとなあ。

books


花ゆめ、親指からロマンス2、無限の住人16、番外。

2004.05.24

misc


書いちゃった後で、やっぱりやめときゃ良かったって思うんだよなあ、いつも。あーあ。

pc


なんでも JFSは書き込み中の電源断とかでジャーナルが汚れてしまったら、fsckしないとマウントできないらしい。じゃあ root fsに使ったら?fsckがマウントできないパーティションのなかー、と。楽しすぎ。
いかん、手元の機械、/がJFSだ。早急に対処せねば。

news


大量の携帯メールを確実に一括送信するシステム。まあ、MLとか用なんだろうけど。

2004.05.25

misc


★さらに加えて1立方メートルの水。1m^3の水の重さは?という話。「地球の重さはどのぐらい?」とか「鉄1kgと綿1kgはどちらが重い?」とかいう (ひねくれた) クイズを思いだしてしまった。
答えは?というと... 地球の重さはゼロ。だって自由落下中だから。ちなみに地球の質量なら 6x10^24kgぐらい。物理学の強者ならこの手の質問にはもっと多くの回答を与えられるかも。
もうひとつのほうはもっとひねくれている。まず、鉄1kgと綿1kgだから、両者の質量は同じ。しかし『重い?』と聞いてくるからには問題とされているのは重量だろう。暗黙の前提として質問者と回答者とがいる環境下における重さが知りたいのだろうからその環境を想定する必要があるが、まあ地球ジオイド面上の20度C大気中ぐらいとしておけば大きな差はあるまい。となると大気による浮力を考慮せねばならないので体積の大きい綿のほうが軽くなる。従って重いのは鉄。
いや、頭の中大丈夫ですか?とか聞かれても... (^^;


ビデオでみた "探偵ナイトスクープ" で虫喰ってた。それ方面のひとに電話していたが、やっぱりうまいのはカミキリムシの幼虫だそうだ。そういえばファーブルもそんなこと書いてたな。でもカルシウムが豊富ってことはないような。外骨格はキチンだし。基本的に低脂肪高タンパク高食物繊維だよな。
日本でも最近まで虫喰ってたってことで、虫を食べるはなし。いや、今でも、かな。

news


最初のひと踏みを軽減する自動変速自転車。なぜ./?それはともかくフリクションが大きくてあまりよくないような。良いのは最初のひとふみだけでしょう。「自転車の敵はフリクションだ」ってのはモールトン博士の信条で、そのへんはBSも良く知っているはずだけどなあ。スタート時荷重の軽減ってのは、それ以上のメリットがあるってことか。


マイクロソフトからオペラに約1200万ドルの支払い--MSN関連の訴訟回避?"MSNのウェブページ""Opera Software製ウェブブラウザ"で"きちんと表示できないようコードに細工した"件での訴訟を回避するため、と。払ったってことはやっぱりやってたんだな。


電子メールの開封後を追跡できるサービスが米で登場。どんな魔法を使うのかと思っていたら webbugか。HTMLメールなんか無視だし、読まにゃならんときも w3m だけどなあ (もちろん画像機能はOFFにしてある)。

pc


なんで "scooter" なんだ?


screenをいつもつかっているので気付かなかったが、dircolorsが ktermでうまくいっていなかった。設定ファイルの中に "TERM kterm" を追加のこと。

2004.05.26

news


米大統領、イラク民主化へ5段階の措置 虐待刑務所解体。ちゃんと残しておいてもらわんと。アウシュビッツみたいに。


アル・カーイダ関係先十数か所を一斉捜索。幹部の逮捕と同時ぐらいにやらないと意味ないのでは?

pc


OOoいれた。PDF出力があるそうなので。200MB強を使うようだ。どこのOfficeも似たようなもんだなあ。
動的スペルチェッカーがついているのは素敵かな。まあこれで文章を入力するとは思えんが。

books


ハリイ=タートルダヴ「精霊がいっぱい!」251冊目。これも好きな本だ。やっぱりハッピーエンドじゃないとね。
「別花」「LaLa」番外。

2004.05.27

misc


午前中健康診断。あまりよくなくってうんざり。なんか毎年故障箇所が増えていくような。いっそ義体に、とか思ってしまう。
体重は問題ないし (BMI: 22弱)、食事は気をつけているし、自転車通勤だし、なにが悪いのやらわからんところが一番嫌だ。もっと減らせ、もっと気をつけろ、もっと遠距離通勤しろ、ってなことかもしれんが、そういう悪徳宗教家みたいなことを言われても困るんだよなあ。
☆悪徳宗教家:「祈ればどんな病気も直ります」「祈りが足りないのです。もっと祈りなさい」「祈りが足りないのです。もっと祈りなさい」「祈りが... 」 以下無限回帰。祈りのかわりに御布施でも可。
とりあえず思いあたるのは、ストレスかなあ。ストレスだけはたっぷり持ってるぞ。

news


顧客情報流出、メルマガ改ざん配信被害 自転車のツノダ。ツノダは好きなだけに残念だなあ。ところで、ビートリックボブ、復刻してくれないですかね。
ツノダは折畳み自転車も不具合があって回収、新品と交換ということで... うーん、危ないかなあ。

books


冲方丁「ばいばい、アース」253冊目。言葉遊びが満ちているが、結構後半まで気付かないやつがあった。まあ作者の意図通りなのだろうが、ちょっと悔しい。

2004.05.28

news


イラク刑務所虐待事件――米軍、兵士のデジタルカメラなどの使用を制限へ。いや、戦争とか虐待とかの使用を制限すべきでは?


ソフトバンクが日本テレコム買収を正式発表、連結1兆円規模に。ボーダフォンの資本がはいってきたときも嫌だったんだが... もうやめようかなあ、日本テレコム。


喫煙は「屋外」のみに、零下29度のカナダ極寒の地。屋外だと他の人が受動喫煙する可能性があるじゃないですか。エアロックを完備した密室内にしてもらわんと。
そうではなく喫煙者の健康被害の影響を考えて、ってことらしい。ならなんでさっさと煙草を違法にしてしまわないんだ?


「iPod対抗プレーヤーは50ドル」とMS幹部。対抗ってからにはもちろんHDDつきだよな。がんがん買ってHDDだけ売りはらおう。
もっといいのは、SonyやAppleが大量に買いつけてHDDを再利用するっていうシナリオか。汚い?MSはもうかっているんだからいいじゃないかよう。


標準化に向けて水冷フォーラムが始動。熱くなったから水冷、じゃなくって省エネ方向で考えて欲しいなあ。

misc


ライバル機を凌駕する、Foveon X3センサーの画質。いまさら一眼レフを持って歩く気にならないが、こいつは画像もシャープですばらしい。
しかし、普通のデジカメって1画素で一色しか撮れないのか。で4画素一組でひとつぶんの働きをさせていると。足りない部分は補完していると。うーん、色ばっかりじゃなくって形の情報も狂ってきちゃうんじゃないかなあ?形がはっきりとれるモノクロモードとか欲しいところだ。画素が明暗を見わけるだけになるかわりに、フィルタをかけない、と。
もともと赤緑色盲だから、色にはあまりこだわりがないんだよね。ノートパソコンも白黒でいいかなあ、とか思ってしまう。

books


ダレン=シャン「ダレン=シャン X」254冊目。
メロディ、バイシクルクラブ、番外。

2004.05.29

news


イラクで日本人2人襲撃される 安否不明、死傷の情報も。まことに痛ましい事件で、御愁傷様という他ない。
ところで、今度は自己責任とか騒がないのか?究極の自己責任をとったからいいのか?危険地帯にいって事件に巻きこまれた場合、生きていれば自己責任と騒がれ、死ねば英霊って、そういう結果論の世界なのか?

misc


喉が痛くて、また扁桃炎かと驚く。なおりきってなかったのか、かかりやすくなったのか。後者だと嫌だなあ。

books


結城浩「暗号技術入門」255冊目。入門としては最適なかんじ。
Ours、番外。

2004.05.30

misc


今日は喉も復帰したかんじ。ふう。

bike


トレーラーバイク買った。ものはStarter
7分組みの箱がやってきた。いいのか?まあしょうがないので組み立てたが、リアエンドの部分がハの字に開いているのでうまく組みつけできない。チェーン引きもないので固定もできない。そのへんの放置自転車からチェーン引き盗ってきてやろうかと思ったが、調整もかねていつもの自転車屋さんへもっていく。チェーン引きつけて固定してもらい、ハブが緩んでいたので、そこも調整してくれた。カセットハブしか知らんからなあ。
説明書にはクロームのシートパイプにつけろ、とあったのだが、私のはアルミだ。だいたいクロモリのシートパイプなんかあるのか?とりあえずアルミにつける。コネクタの部分をぐりぐりやってはめこむとそれで終了。タンデム自転車ができあがり。
tandem bike
娘の乗せて走ってみたが、とても喜んでいた。怖いことに娘が漕ぐとちゃんと後ろから押しているのか感じられるし、カーブのところで変な体重移動するのもわかる。でも私もなかなか楽しかった。


とりあえず、erzulieにはパナのツーキニスト (26x1.75)をいれた。1.5なら問屋に在庫があったらしいのだが、1.75を使うひとは珍しいらしく、納期に10日以上もかかってしまった。タイヤにもよるのだろうが、なんだかギズモ 1.95に比べて異様に細い。ちょうど、2.0のブロックタイヤのブロック部分を削ぎおとしたぐらい。でもまあ、ギズモは2.0ブロックより太いんだよな。
とりあえず軽く走ってみると、グリップもいいし軽い。パナのタイヤはサイドのスキンが弱いというので、一応黒ゴムのやつを選んだが、そのへんの耐久性がどうなるかだなあ。しかし、確かにサイドはペラペラだ。こんなんでいいのだろうか?

books


冲方丁「カオスレギオン03」256冊目。これって 0から始まってるんだよな。いい本だ。

2004.05.31

misc


筋トレ南風。自転車が進まない。


ああ、また喉が... カンベンシテクダサーイ!


やっぱり書かなきゃ良かったなあ。と後悔役に立たず。

news


BSEに感染しない牛、遺伝子操作で来年誕生=キリンビール。おお、いいね。ついでに遺伝子操作でBSEに感染しない人間というのも作って欲しいなあ。いやまぢで。
できれば私の遺伝子も書き換えて欲しい。って既に全部の細胞に改変前の遺伝子がはいっているから、望みがあるのはウイルス使って一気に書き換えるって方法ぐらいかなあ。カードの作品のようだ。

pc


変なものが動いていたりアタックされたりするのは嫌だなあ、ってことでroot-tail。log監視用。root windowに好きなログのtailがだせる。(そのまんま)
楽しいから使っているけど、サーバマシンでやらないとあんまり意味ないよな。でもネット経由でリモートマシンのlog file見る機能とかはないようだ。

books


佐山アキラ他「ウィザードリィ小説アンソロジー」257冊目。彼があのヴァンパイアロードなのだろうか。だとすれば嬉しい話だ。


next prev / index / search items / top