編集(管理者用) | 編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

レーシック手術費用視力矯正 - 日常生活で裸眼視力が2.0必要なシーンがあるでしょうか? そのこともよく踏まえて、執刀医と目標視力を設定することが大切です。 やたらと術後の視力矯正だけにこだわるようなクリニックならばやめた方が無難。

編集

日常生活で裸眼視力が2.0必要なシーンがあるでしょうか? そのこともよく踏まえて、執刀医と目標視力を設定することが大切です。 やたらと術後の視力矯正だけにこだわるようなクリニックならばやめた方が無難。 エキシマレーザーで焼失させる角膜は人の組織の一部なので、水分を含んでいたりします。その水分も個人差があったりするので、データ上の角膜を切除してもわずかな誤差は出るそうです。ほとんどの場合は目標視力に影響するような誤差ではないそうですが、稀に誤差が目標視力以上になってしまう場合もあるとか。これは執刀医の症例数の多さ(経験値)におまかせする以外ないようです。 信頼できるドクターの執刀の元、ドクターと目標視力をよ〜く話し合って決めることが、失敗しないことへの道だと思います。 http://yamanaka-ganka.jp/ 見え方に不満などが挙げられると思います。一部で言われているような「眼球が突出」とか「瞳孔が開きっぱなし」などということはありませんのでご心配なく。(寄り目になってしまったというバカげた画像を掲載しているものもありますが論外。) いろいろな情報が錯綜していて、レーシック前に知りたい情報が何なのかがわからない状況と言えるでしょう。 レーシックとひとことに言ってもマイクロケラトームを使い、旧式の眼球追尾機能のないエキシマレーザーで手術をしたのと、最近のイントラレーザーでフラップを作り、眼球追尾&カスタム照射機能のエキシマレーザーで手術をするのとでは結果に雲泥の差が出るのは当然のことで、10年前の手術での失敗を恐れているのであれば、現在はほぼ安心と言えるでしょう。 最も気になるのは過矯正だと思います。私あはもとの視力が0.04で近視度数が−9.5D