編集(管理者用) | 編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

住宅をまるまるチェックするものではないのですが - その10分野はリノベーションhttp://www.sumanabi.jp 大阪市それぞれ「住まい」の基本的な性能部分をカバーしています。外観や間取りからは判断できない内容でもあり、その部分を第三者がしっかりチェックしてくれているという点で大変安心感があります。 工事中のチェック回数が増えることで、工事中のミスや欠陥住宅を防ぐことができます。また全国的な基準で性能がランク付けされるため、住宅どうしの性能を比較し、購入の目安にすることもできます。 住まい選びで悩んだとき、わかりやすい指標の一つとしてこの「住宅性能表示」マークがついているかどうかチェックしてみてくださいね。 住まいの性能?安全では、月2回、最新記事のお知らせやコラムの載っているメールマガジン(無料)を配信中です。申し込みはこちらからどうぞ。 長期優良住宅も選択肢!現在の普及状況は? 制度開始から2年あまりが過ぎ、一戸建て住宅では採用も進みつつある「認定長期優良住宅」ですが、新築住宅全体に占める割合はどれくらいなのでしょうか。現在の普及状況を探るとともに、長期優良住宅を選ぶときに考えておきたいポイントをまとめました。さまざまな問題を抱えていた日本の住宅事情を背景として、平成21年(2009年)6月にスタートした「認定長期優良住宅」制度ですが、分譲マンションでの導入は思うように進まず、まだごく限られた棟数しか供給されていません。そのため、マンションにおける認定基準の引き下げなど対応策も検討されているようです。

編集

その10分野はリノベーションhttp://www.sumanabi.jp 大阪市それぞれ「住まい」の基本的な性能部分をカバーしています。外観や間取りからは判断できない内容でもあり、その部分を第三者がしっかりチェックしてくれているという点で大変安心感があります。 工事中のチェック回数が増えることで、工事中のミスや欠陥住宅を防ぐことができます。また全国的な基準で性能がランク付けされるため、住宅どうしの性能を比較し、購入の目安にすることもできます。 住まい選びで悩んだとき、わかりやすい指標の一つとしてこの「住宅性能表示」マークがついているかどうかチェックしてみてくださいね。 住まいの性能?安全では、月2回、最新記事のお知らせやコラムの載っているメールマガジン(無料)を配信中です。申し込みはこちらからどうぞ。 長期優良住宅も選択肢!現在の普及状況は? 制度開始から2年あまりが過ぎ、一戸建て住宅では採用も進みつつある「認定長期優良住宅」ですが、新築住宅全体に占める割合はどれくらいなのでしょうか。現在の普及状況を探るとともに、長期優良住宅を選ぶときに考えておきたいポイントをまとめました。さまざまな問題を抱えていた日本の住宅事情を背景として、平成21年(2009年)6月にスタートした「認定長期優良住宅」制度ですが、分譲マンションでの導入は思うように進まず、まだごく限られた棟数しか供給されていません。そのため、マンションにおける認定基準の引き下げなど対応策も検討されているようです。 しかし、それとは対照的に一戸建て住宅http://www.sumanabi.jp中古マンション 大阪市では順調に増え続け、今年(2011年)10月末までの累計認定戸数は約22万2千戸となっています。 今回は、この「長期優良住宅」について一戸建て住宅における現在の普及状況などを中心に確認しておくことにしましょう。 長期優良住宅とは? これまでの日本における木造住宅の寿命は20年から30年程度とされ、欧米諸国と比べてかなり短いだけでなく、建て替えによる廃棄物、資源の浪費、建築時のエネルギー消費など、さまざまな問題を抱えていました。さらに、長期の住宅ローンを払い終わればすぐに建て替え問題に直面するなど、消費者個人にも大きな経済的負担がのしかかる状況となっていました。 そのため、子や孫の代まで住み続けられるような質の高い住宅をつくり、それをできるだけ長く使うとともに、中古市場での流通性を高めようという観点から整備されたのが「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(平成21年6月4日施行)であり、その基準によって認定された住宅が「長期優良住宅」です。新築一戸建て住宅全体における長期優良住宅の割合は? それではまず、現在の住宅市場のなかで認定長期優良住宅が占める割合はどれくらいなのかを確認してみましょう。 国土交通省が毎月公表している統計資料をもとに、一戸建て住宅の着工戸数と、長期優良住宅のうち一戸建て住宅の認定戸数の推移を、平成21年6月分以降についてまとめたものが下のグラフです。http://www.l-777.co.jp/kanagawa/list_m_14105.htm 一戸建て住宅における長期優良住宅の認定戸数がこれまでで最も多かったのは今年(2011年)7月の12,659戸で、それ以後はやや減少しています。ただし、住宅着工全体での減少がみられるため、単純に長期優良住宅が減っているとはいえません。 長期優良住宅の認定と工事着工にはタイムラグがあり、この2つのデータから正確な割合を算出することはできないものの、最近ではおおむね新築一戸建て住宅の約4分の1(25%前後)が長期優良住宅の認定を受けているようです。 宅地建物取引業法詳説〔売買編〕の第24回は、第41条(手付金等の保全)に規定された「未完成物件」の売買契約時における保全措置についてみていくことにしましょう。  (手付金等の保全) 第41条  宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建築に関する工事の完了前において行う当該工事に係る宅地又は建物の売買で自ら売主となるものに関しては、次の各号のいずれかに掲げる措置を講じた後でなければ、買主から手付金等(代金の全部又は一部として授受される金銭及び手付金その他の名義をもつて授受される金銭で代金に充当されるものであつて、契約の締結の日以後当該宅地又は建物の引渡し前に支払われるものをいう。以下同じ。)http://www.l-777.co.jp/kanagawa/list_m_14102.htm を受領してはならない。