C++ の書籍

  1. C++ 再考 / Andrew Koenig, Barbara E. Moo
  2. STL 標準講座 / Herbert Schildt
  3. Effective C++ / Scott Meyers
  4. 独習 C++ 第 3 版 / Herbert Schildt

C++ 再考 / Andrew Koenig, Barbara E. Moo (ピアソン・エデュケーション)

コメント準備中。

STL 標準講座 / Herbert Schildt (翔泳社)

コメント準備中。

Effective C++ / Scott Meyers (ASCII)

よく「C++ 中級者になるために読むべき本」と言われる書籍。 tips と呼ばれる類の情報でいっぱい。 こういった知識を自分一人で身に付けるにはかなりの時間・経験が必要になるので、 この本を読むことによってそれらの量を軽減できるのはかなり大きい。 読みものとしてもなかなか面白いので、買って損はしないと思う。 C++ を初めて触る人には意味がないという点には注意。 (2003/08/12)

独習 C++ 第 3 版 / Herbert Schildt (翔泳社)

定番の C++ 入門書。 僕の初めて読んだ C++ の書籍。 この本のおかけで C++ のコードを読み書きすることが多少出来るようになったけど、 これだけではそれ以上は望めないことが読み終える前には分かっていた。 そしてそれは正解だった。 C を知っている人向けの入門書としては良いけど、その後 Effective C++ みたいな本を読まないと正直言って辛い。 (2003/08/12)

Go to "index.html".