[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

C. Texinfoファイルの見本

最初の例は,最初の章(see section Texinfoの短いサンプル)からのもので,以下はその全体を コメント無しにしています.二番目は,GNUのマニュアルで使用される完全なテ キストを含んでいます.


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

C.1 短い例

コメントの無い完全なTexinfoファイルの短い見本は以下のようになります.最 初の章でコメント付きのこのファイルを見ることが可能です.See section Texinfoの短いサンプル.

概略:makeinfoプログラムは,以下のようなTexinfoソースファイルを InfoファイルやHTMLファイルに変換します.そして,TeXは印刷されたマニュ アルに植字します.


 
\input texinfo   @c -*-texinfo-*-
@c %**start of header
@setfilename sample.info
@settitle Sample Manual 1.0
@c %**end of header

@copying
This is a short example of a complete Texinfo file.

Copyright (C) 2002 Free Software Foundation, Inc.
@end copying

@titlepage
@title Sample Title
@page
@vskip 0pt plus 1filll
@insertcopying
@end titlepage

@c Output the table of the contents at the beginning.
@contents

@ifnottex
@node Top
@top GNU Sample

@insertcopying
@end ifnottex

@menu
* First Chapter::    The first chapter is the
                      only chapter in this sample.
* Index::            Complete index.
@end menu


@node First Chapter
@chapter First Chapter

@cindex chapter, first

This is the first chapter.
@cindex index entry, another

Here is a numbered list.

@enumerate
@item
This is the first item.

@item
This is the second item.
@end enumerate


@node Index
@unnumbered Index

@printindex cp

@bye

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

C.2 GNUの見本のテキスト

以下はGNUマニュアルで使用されるべき完全なテキストを用いたTexinfoドキュメ ントの見本です.

法的なテキストと同様に,GNUシステムがマニュアルに影響を与える要素の数の 実際の例として提供しています.これら個別のすべての要素に慣れていなくても 心配しないでください.それらは要求されているわけではなく,完全な良いマニュ アルではそれ無しで書かれているはずです.多くのマニュアルにはきっと(おそ らく)利点となるので,それでも以下には含めています.

Texinfoファイルの最小限の例はSee section Texinfoの短いサンプル. 最小限の例の完全な説 明は,See section Texinfoファイルを始める.

以下は例の注意事項です.

見本のドキュメントは以下のようになります.

 
\input texinfo    @c -*-texinfo-*-
@comment $Id: texinfo-ja.texi,v 1.2 2003/01/04 10:15:17 futoshi Exp $
@comment %**start of header
@setfilename sample.info
@include version.texi
@settitle GNU Sample @value{VERSION}
@syncodeindex pg cp
@comment %**end of header
@copying
This manual is for GNU Sample
(version @value{VERSION}, @value{UPDATED}),
which is an example in the Texinfo documentation.

Copyright @copyright{} 2002 Free Software Foundation, Inc.

@quotation
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document
under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.1 or
any later version published by the Free Software Foundation; with no
Invariant Sections, with the Front-Cover Texts being ``A GNU Manual,''
and with the Back-Cover Texts as in (a) below.  A copy of the
license is included in the section entitled ``GNU Free Documentation
License.''

(a) The FSF's Back-Cover Text is: ``You have freedom to copy and modify
this GNU Manual, like GNU software.  Copies published by the Free
Software Foundation raise funds for GNU development.''
@end quotation
@end copying

@dircategory Texinfo documentation system
@direntry
* sample: (sample)Invoking sample.    
@end direntry

@titlepage
@title GNU Sample
@subtitle for version @value{VERSION}, @value{UPDATED}
@author A.U. Thor (@email{bug-texinfo@@gnu.org})
@page
@vskip 0pt plus 1filll
@insertcopying
@end titlepage

@contents

@ifnottex
@node Top
@top GNU Sample

@insertcopying
@end ifnottex

@menu
* Invoking sample::
* Copying This Manual::
* Index::
@end menu


@node Invoking sample
@chapter Invoking sample

@pindex sample
@cindex invoking @command{sample}

This is a sample manual.  There is no sample program to
invoke, but if there was, you could see its basic usage
and command line options here.


@node Copying This Manual
@appendix Copying This Manual

@menu
* GNU Free Documentation License::  License for copying this manual.
@end menu

@include fdl.texi


@node Index
@unnumbered Index

@printindex cp

@bye

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

C.3 文字通りそのままのコピーライセンス

ソフトウェアのマニュアルとその他のドキュメントに対し,フリープログラムが 変更されたとき,ドキュメントも同様に更新することが可能になるように,自由 に再配布し更新する許可を与えるライセンスを使用することは重要です.

言い替えると,個人的な見解,感情,そして経験を表現するドキュメントに対し ては,文字通りそのままのコピーだけを許可するライセンスを使用する方がより 適切でしょう.

字通りそのままのコピーだけを許可するようなライセンスの見本のテキストは以 下のようになります.これはライセンステキスト自身です.完全な見本のドキュ メントは前のセクションを参照してください.

@copying
This document is a sample for allowing verbatim copying only.

Copyright @copyright{} 2002 Free Software Foundation, Inc.

@quotation
Permission is granted to make and distribute verbatim copies
of this entire document without royalty provided the
copyright notice and this permission notice are preserved.
@end quotation
@end copying

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

C.4 全く寛大なコピーライセンス

ソフトウェアのマニュアルとその他のドキュメントに対し,フリープログラムが 変更されたとき,ドキュメントも同様に更新することが可能になるように,自由 に再配布し更新する許可を与えるライセンスを使用することは重要です.

言い替えると,小さなサポートファイル,(300行以下の)短いマニュアル,そし て(READMEファイル,INSTALLファイル等の)ラフなドキュメントに対しては,完 全なFDLは過剰でしょう.それらには単純にすべてを許可するライセンスを使用 することが可能です.

すべてを許可するようなライセンスの見本のテキストは以下のようになります. これはライセンステキスト自身です.完全な見本のドキュメントは前のセクショ ンを参照してください.

 
Copyright © 2002 Free Software Foundation, Inc.

Copying and distribution of this file, with or without modification,
are permitted in any medium without royalty provided the copyright
notice and this notice are preserved.

[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Yasutaka SHINDOH on October, 1 2006 using texi2html 1.76.